×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2006年11月5日 A2チーム練習試合(白山フレンドJr) at荏田西グランド

  【ノーガードの打ち合い…というよりアメリカンフットボールみたいなスコアです】


 「22−17」…負けは負けでも、なんじゃあこりゃあ?
3年生の居ないティーボールチーム同士の試合なのか?

 先方から「うちは4年生以下なので、できれば葵さんも4年生以下で…」との
要請を受けたため、最終回まで主力5年生の出場を控えたこともあるけれど、
それにしてもヒドイねえ。

 さて、今回の敗戦理由だけど、外野陣のお粗末な守備が原因だな。
もちろん、与えるフォアボールが多いのも完全には修正されてはいないけれど、
ショートゴロのエラーが左中間を抜けたり、正面のゴロをトンネルしててどうするの?
守備の問題というよりも心構えの問題かも知れないな。

 外野を守る選手たちは「自分のところに打球が飛んできたら…」とか
「○○ゴロだったらあそこにカバーに入らなきゃ」とか考えてプレイをしていますか?
そして自分の後ろにはダレも居ないから「絶対にボールを止めなくちゃ」
気合を入れてゲームに臨んでいますか?できていないのであれば、来週から
すべての打球を「俺が捕ってやる」、「俺がカバーしてやる」ぐらいの気持ちで臨んでください。
横を抜けてから追いかけていくのでは遅いからね。

 それとも背走してボールを捕りに行くのが好きなのかな?
ならば来週は清遠コーチと私で「取って来いノック」を100本ぐらいやってあげるよ。

 一方、打撃は、相手がお付き合いしてくれたこともあって
タイムリーヒットやY・Tくんのホームランが飛び出したりして
これまでになく大量点が取れた。
もっともっとバットを振って鋭い打球を飛ばしていこうぜ。



トップに戻る     画像センターに戻る


下のリンクは企業広告です